今年にも連邦政府次元の支出削減など緊縮は続くだろうが、去る4年間に比較すれば否定的効果は微小なことだと専門家たちは見ている。

■問題は労働市場

今年アメリカ経済の真の回復は実質所得の上昇にかかっている。より多くの働き口と賃金上昇で消費者支出が振興されなければならないという意だ。これは結局労働市場の好転が決定する。これに対する展望はそんなに楽観的でない。

経済統計調査会社であるスターン・エイジの首席経済分析家リーンジーエッグは<ウォールストリート ジャーナル>に所得増加に力づけられた景気回復能力、良質の高賃金働き口の創出が見られない”と評価した。

4288

2013年11月失業率が下落したところは求職活動をあきらめた人が増えてこれらが経済活動人口にとらえられなくなった点も作用した。 新年に入って失業率は6.5%まで下落するだろうと展望されるか、就職活動に対する初動の動きの高さを低くした就職による錯視現象である可能性が高い。 新年から連邦政府の長期失業手当支給が中断されて失業者が前より積極的に仕事を探すだろうが、これはほとんどの不良な働き口であることと思われる。

アメリカ成人の経済活動参加率は2007年66%から現在63.2%で低くなった。 時間当り実質所得は2007年以後やっと年0.3%だけ上がった。 成長の果実がほとんどの企業利潤に行って、賃金に戻らないからだ。 実質賃金が上がることができないのは生産性がそれだけ高まらなかったせいで、これは企業の投資が不十分なためだと<エコノミスト>が指摘した。企業投資は国内総生産の12%を少し上回る水準なのに、これは1990年代最高値である14.5%に遥かに至らない。企業は需要がなくて投資をできないと主張する。 結局‘鶏が先か、卵が先か’は解けることはできない論争だ。

新年アメリカ経済の成長率が3%台にのぼるだろうと予測される。 好転した成長率が実質的な不況脱出の信号につながるには、企業利潤だけでなく実質賃金上昇など労働市場が好転しなければならないということに専門家たちの間に異見がない。