アメリカなど既存先進国経済に比べて中国など新興国の2014年‘経済予報’はそんなに明るくない。 特に世界2位の経済規模である中国は安定した成長を持続するのかを分ける重要な境界線にある。

中国は2013年7.6%の国内総生産(GDP)成長率を記録した。 2012年7.7%に続き下落傾向の持続だ。 成長率の下落傾向が急激な景気後退につながらないで時間が流れた後再び回復傾向で背を向けるかが今年の核心質問だ。

これは中国経済が抱いている最も深刻な問題である莫大な政府借金、すなわち‘信用バブル’の制御にかかったと見られる。 特に最近地方政府借金の急激な増加が危険水準に達して、最大の伏兵として登場した。 去る30年間続いた中国経済の2桁成長は相当部分地方政府の大型建設プロジェクトなど財政支出に依存してきた。

4289

2012年基準として中国経済成長で地方政府の寄与比率が31%に達する。 アメリカの18%に比べて二倍近い数値だ。 中国国家統計局資料を見れば、地方政府借金は2010年以後67%も増えて17兆9000億中国元(約2兆9500億ドル)に達する。 さらに深刻な問題は2014年にこの借金のほとんど半分が満期に達するという事実だ。経済分析家スティーブ・グリーンは2014年に中国地方政府債権がデフォルト(債務不履行)なる可能性を50%以上で展望したと<ウォールストリート ジャーナル>が報道した。